企業の収益の回復や就職希望者からの注目を回復させてブランドイメージを取り戻そう!

風評被害・誹謗中傷対策会社のことを知ろう

自分と同姓同名の人の犯罪歴や、不起訴処分となった逮捕歴などがインターネット上に残っていると、例え事実と異なる情報であってもそれが真実とされ、疑いを晴らすことは難しくなります
その結果として職場の人間関係に影響したり、希望するローンを組むことができなかったり、就職や転職がうまくいかないなどの影響を及ぼします。

誹謗中傷による多大な被害について

 

これが企業名で悪評が残ってしまうと、ブランドイメージに著しい損害を与えてしまうこともありますが、風評被害・誹謗中傷対策会社はそのような困っている人たちの味方になってくれます

 

自信を持つ誹謗中傷被害対策会社のビジネスマン

 

どんなことをしてくれるの?

インターネット上には「忘れられる権利」が存在し、風評被害・誹謗中傷対策会社では弁護士と連携して権利を行使することで、該当する新聞記事や掲示板などの情報ページへ改善するように要請を随時行っています。
そういった対策会社へ相談をしたことで無事に就職活動がうまくいったり、その他の信用情報も大幅に改善させることができた方もいます。
また、ネット上の掲示板などに不当に書き込まれてしまった、個人名や電話番号なども、弁護士を通じて対処をするように申請することが可能です。

 

2ちゃんねるなどの掲示板の情報は、無数に存在しているまとめサイトやコピーサイトへ即座に転載されているため、それらへの対処も必要です。
誹謗中傷対策には正確さと早い解決スピードが求められるのです。

 

より具体的な誹謗中傷対策の内容

 

どんな効果があるの?

このような改善効果は個人だけでなく、企業の悪評改善にも大きな効果があります。
会社名の悪評が話題になってしまうと、ネット上で検索する際にブラック企業としてサジェストが候補に上がってしまうケースがあります。

 

このようなネガティブな情報は、実はポジティブな情報よりもずっと大きな注目効果があり、クリックされて情報としての価値が高く見られてしまう事に繋がります。
その結果企業の成績が落ちたり、就職希望者が激減したりという被害が発生しますが、その原因となるのは同業他社からの嫌がらせというケースも多いのです。

 

サジェスト候補や誹謗中傷記事をインターネットユーザーに見せないように対処を行うことで、収益の回復や就職希望者からの注目を回復させることができます。

 

風評被害を払拭して企業イメージ回復

 

自分でやる前に相談しよう

無闇に下手な対処をすると、改善させること事態が困難になるケースも多くあります。
特にヤフー知恵袋は相手側の弁護士との協議の結果次第では永遠に誹謗中傷やネガティブなページに対して対応が不可能となる場合も多いので、自分で対処する前に専門家に相談することが大切です。

 

対策会社では、加害者と被害者がイタチごっこにならないよう、悪評の再投稿を監視してくれるサービスもあります。
社会的尊厳を取り戻すためにも、なるべく早く対策を行っていく必要があります

 

誹謗中傷対策をプロに頼むならこちら
5ch誹謗中傷対策

What’s New