ネガティブサイトと表示された運営会社やプロバイダ情報などを確認することが出来ます。

MENU

モニタリング・レポート機能とは

 

SWAGには監視対象のキーワードを登録すると、GoogleやYahoo!などの大手検索エンジンの情報をクローリングし、監視対象のキーワードを含むサイトを検出し、モニタリング・レポートとしてリスト化され、一覧として表示をします。

 

モニタリング・レポート機能を表示させる機能は、1クリックで出来るようになっている、誰でも簡単に表示させることが可能です。

 

インターネット上にある膨大なサイトのデータが1つの画面に集約されて表示されるので、風評被害や誹謗中傷が書き込まれたサイトを瞬時に確認することができ、作業効率を短縮化することが可能です。

 

また、早期に発見することにより、事態の早期収拾に努めることが出来ます。

 

 

ネガティブサイトの確認方法

登録した監視対象キーワードを含むサイトは、SWAGの機能により、ポジティブサイトと判定されたものは「」、ネガティブサイトは「」で表示されます。
赤く表示されたサイトには「詳しく見る」というボタンが表示されます。
それをクリックすると、サイトの運営会社やプロバイダ情報などを確認することが出来ます。

 

虫眼鏡

 

「口コミ一覧」を参考にサイト別の削除方法も表示されるので、サイトを確認した上で、サイトの運営会社にユーザー自身が削除依頼を出す等、ユーザー自身がネガティブな情報に対して対応することができます。

 

削除依頼が拒否された場合でも、きちんと専門家がフォローアップしてくれるので、安心できます。

 

また、一般投稿も出来るので、そこから対象サイトユーザーと情報交換することも出来ます。
リンクも表示されるので、対象サイトをユーザー自身が確認することも可能です。

 

また、監視データは、監視機関を日付等に設定することができ、PDFデータやExcelデータとして出力することが可能です。日々の対象監視ワードの数の変化などを確認することが可能です。